out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記2/27
●休みがまとまって取れたので、さて、何をしてやろうと考えるも特に思いつかず、結局昼寝、昼寝で明け暮れる。M-1グランプリを無表情で観た。
●「パルテナの鏡」ようやくクリア。前半あれほど苦戦したのに、後半は実に簡単。「慣れ」の問題か、難易度曲線の問題か。でもおもろかった。
●まことに後味の悪い話をしよう。取材が終わって、扇町堺筋線のホームにて電車を待つ。にゃあにゃあと猫の鳴き声が聞こえた。僕ははじめ、幻聴だと思った。また聞こえた。猫を飼っていると、当たり前のことだが、猫の鳴き声を聴くのが特別でない。なんとなく、あ、猫がおるんやなあと思った。が、はたと気づいた。こんなところで猫の鳴き声は普通やないぞ。僕はあたりを見回した。線路の真ん中に灰色の猫がいた。
●あかん、轢かれると思った。俄かに胸がざわざわして、無作為にホームを歩き回ったあげく、線路に降りて猫を救うべきか否か、迷った。電車はそのとき天六に停まっていた。確実にあと数分で、クる。
●周囲のおばはん達も猫に気づき始めた。「あれ、猫ちゃんや。そんなところへおったら、轢かれるで。あっち行け、ほい、ほい」などと手を振り、悠長な構えで観ている。馬鹿な!。そんなことで猫が救えるか!?。僕はいよいよ線路に飛び込んで、猫を抱きかかえ、救出せねばならなくなった。
●しかし、本当にそれは可能なことか?。そう考えるのが僕のいやらしいところだ。軽々と線路へ躍り出て、電光石火の早業で猫を抱き上げ、「召し取ったり!」と叫ぶが早いか身の丈ほどはあろうかという線路とホームとの段差を八艘飛び。バネの効いた身のこなし。超人的な運動力だ。
●だが一般的に言って、野に住む動物を捕まえるのは、これは相当な難事業である。あまつさえ彼はただならぬ臆病さを持っている。敏捷性。これもただものでない。30も後半に差し掛かろうという小太りのオッサンが阿修羅の形相で駆け出し、己に向かって突撃せんとするのを見て、奴さんおとなしく捕まってくれるとは思えない。結果僕は、衆人の見守るなか灰色猫とスッタモンダの大捕物を演じることになる。数分で成し遂げられる任務ではない。「30代猫好き男性、線路の猫を捕まえようと電車停める」。きっとそうなる。ほら、僕は自分のことばかり考えている。
●だが、それなら非常停止ボタンを押したほうが良いか。僕はまた迷った。時間はもうない。傍らではおばはんが「あっち行け、ほい、ほい」とまだ呑気な微笑を浮かべている。電車はすでに天六を出ていた。
スポンサーサイト
せり出して
 数日前から「せり出す」という言葉が妙に気になっている。
 そればかりか、考えるうちだんだんイライラしてきて、実際に発語しては舌打ちなどをしている。馬鹿げた話だが、一度気になりだすと止むに止まれぬ。
 鬱陶しいばかりの圧(あつ)を感じる。突き出すでもなく飛び出すでもなく「せり出す」とは何事だろう。爆発力や瞬発力がない代わりに、あつかましさだけは一人前である。
 とても気になる。気になるあまり、「せり出して」というワードで検索にかけたりしている。我ながらキチガイじみているが、バイクのメンテナンスに関するサイトで以下のような文章を見つけた。

「油圧ブレーキはパッドが減ってくるとピストンが自動的にせりだして遊びを調整する構造になっています。パッド交換をする時点でパッドは減っているはずですので減ったぶんピストンはせりだしているはずです。ピストンがせりだしているので残量が充分あり厚みがある新品のパッドはそのままでは入りません。そこでピストンを戻します。要は引っ込むようにおしてやればよいです」

 リアブレーキパッドというものを交換する際の手引きらしいが、意味は全然分からん。僕はバイクはおろか車の知識すらゼロなのでこれはもう見事なほど全く分からんが、要するにピストンなるものが、なにか分不相応な感じで自らを主張してやまないのであろう。
「遊びを調整する」役割があるらしいので、少なくとも他人に不利益を及ぼすのみではなく、まずまず良いせり出し方をしているようである。大体せり出すような奴は悪党と相場は決まっているから、これは珍しい奴だ。それでも、「残量が充分あり厚みがある新品のパッド」が入るのを妨害する場面では、いかにもせり出した奴らしいふてぶてしさを見せている。
 土壇場、引っ込むように押されるのは、いい気味だが、本人にとっては納得のいかぬことであろう。少し哀れにも思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。