FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
醜い戦闘
 今、「天誅 忍凱旋」('99年 PlayStation)をやっているのですが。
 つくづく私は敵を倒すのが下手なようです。
 説明書をほとんど読まずにやっているせいかもしれません。
 しかし読む気がしないのです。
「←→□」とか「↓↑○」とか、そういう複雑(?)なコマンド入力についていけない感じがある。
 昨晩も私は第4ステージの女剣士に何度も惨殺されました。見かねた嫁が言います。
「あんた単調やねん。技が」
「そうか?」
「『えい!、えい!』ってあんた、えらい素直に振り下ろしてるけど基本の技ばっかりやん」
「基本は大事やがな」
「もっとあるやろ、ジャンプして斬ったりクルクル回って斬ったりする技が」
「やっとる」
「やってないがな。とにかく単調やねん、あんたは」
「…」
「全部読まれとんねん」

 目下、私が最も気に病んでいるのは、敵に後ろに回り込まれたとき、どうしても素早く振り返れないことです。
 殺意も露(あらわ)な敵に背後を取られながら、ジリッ、ジリジリと極めて緩慢な動きでしか振り返れない。さすがにこれは忍者としての面目丸つぶれである。もう少し「シャッ」という感じで振り返ってくれるとよいのですが。
 女剣士に背後を取られて、ゆっくり振り返る間に一太刀、二太刀。これでは勝てるわけがない。袈裟斬りを喰らって血飛沫を上げ「ぐふっ」などと、断末魔のうめきも白々しいばかりです。

 思えば、「鬼武者」とか「三国無双」といった闇雲に剣を振り回してもなんとか格好がつくようなゲームはまだしも、「ガンダム」などはステージが進むにつれてやりきれない思いが募り、結局途中でやめてしまった。
 私はできることならもうちょっとスマートに戦いたい気持ちが強いのである。振り返って後方のドムをビームライフルで仕留めたり、敵をジャンプ台にしながらバズーカをかわしたり。
 理想は高い。
 しかし現実の私はといえば、高々と掲げたシールドに隠れてドタンドタンと接近し、間合いに入ればメクラ滅法サーベルをぶん回す以外の戦法を知らない。馬鹿の一つ覚え。
 なんと醜い戦い方だろう。
 アムロ・レイは最初の戦闘ですら正確にコックピットを貫いたというのに、である。
 才能がないと言ってしまえばそれまでだが、私はもう下品な戦いはしたくないのである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
録画した亀田二男の試合楽しみ。
2006/09/28(木) 13:57:20 | URL | aka #-[ 編集]
僕もコマンド入力苦手ですね。
スト2の昇竜拳すらまともに出せない僕はブランカとかエドモンド本田などの適当にボタンを押せばそこそこの攻撃ができるキャラばかり使っていましたね。
そんな無様な泥にまみれる戦いもあるのではないでしょうか?
そんな意味で今、連載中の花沢健吾『ボーイズオンザラン』のカポエラ男とのションベン漏らしながらの戦いはなかなかのものでした。
あと新井英樹『宮本から君へ』の彼女をレイプした相手とのケンカもマンガ史上に残る無様な戦いです。
2006/09/28(木) 15:33:03 | URL | illue #-[ 編集]
ほう、ゲームネタになると、
illue君が食い付くわけだ。
僕はまったくもって分かりません。
でも、昔はゲーセン通いの小学生でした。
亀田はいかがでした?
2006/09/28(木) 21:34:12 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
-illue君
僕も昇竜拳出さぬまま端っこの所でなぶり殺しにされ、気分を害して以来、スト2やっていません。やってないのと一緒です。
マンガ情報ありがとう。探してみます。
それにしても、僕が前から不思議に思っているのは、仕事に遊びに忙しいアナタが何故それだけ読む時間があるのか、ということですが。

ー宇宙の羊君
あれ?、illue君は俺のマンガ&ゲームの先生ですよ。
亀田はまだ見ていません。例の乱闘はカットされているそうですね。見た?
2006/09/29(金) 23:30:37 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/123-97c51f4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。