out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺のベイン
 以下、熱で顔を赤黒く染めながら「平成教育委員会スペシャル」を観、「女子高生の間で流行っている言葉」に対してとげとげしい不快感を隠そうとせず、時折、自己顕示欲をグッ、グッとねじ込んでくるオッサンの独白。

 **********************

 折に触れて「女子高生言葉」というのが世に出てくるが、これは本当に流行っているのだろうか。まったくの嘘、または捏造ではないか。僕は疑っているのである。
 まず僕は女子高生がそれを喋っているところを直接聞いたことがない。数年前女子高生だった者なら、今学校で教えているが、未だにそんなエキセントリックな言葉を用いる者には出会ったことがない。
 そもそもメディアの取り上げ方にもいかがわしいところがある。「若者文化」とやらを冷笑的に取り上げるくせに、結果的に買いかぶっているような印象を受ける。「どうですこの変な言葉。理解不能の感性でしょう?」と言わんばかりに、昨今の女学生を草間彌生かなにかのように喧伝したいらしいが、疑いなくそんな大したものではないだろう。
 事実大したものではないのだ。「ちゃけば」。なに、「ぶっちゃけ話」を略しただけだ。単に、略語である。それなら僕が学生時代に編み出した「おん気味」のほうが余程機知に富んでいる。

 果たして、たかだか16、7歳の女学生に、オリジナル言語をいくつも創造し、それらをことごとく広範囲に伝播させるような能力が本当にあるだろうか。
 自分の高校時代を顧みて、内輪だけの隠語のようなものはあったかもしれないが、流行ったとはとても言えないし、ましてや同世代の、例えば他校の生徒まで巻き込んで使われる新言語があったというような記憶は全くない。僕が考案した「ベイン…」くらいではないか。

 率直に言って、僕はこの手の言葉について、大人が考えたか、あるいはよしんば実際に女子高生が考えたにせよ、その伝播には大人の力が大きく働いているとしか思えないのである。
 
 さらに具体的に推測してみよう。
 まずエロいリサーチャーがエロ目線で取材した女子高生が、別段流行ってもいない、たまたまそのとき内輪でささやかに使われていた造語を気まぐれに教える。
 それを件のエロリサーチャーと、そいつの雇い主であるところの、製作会社もしくは編プロのエロ担当者らが結託して、いやらしくも大袈裟に騒ぎ立てる。
 結果、情報がメディアに載る。実際の話「流行る」のはここからで、つまり「女子高生言葉」は、女子高生の間で自然的に波及したものではなくて、メディアが一枚も二枚も噛んでいるに違いないのである。しかしながらそれら二次波及、三次波及を、なにかひっくるめて女子高生の草の根ネットワークが持つ不思議な伝播力のように見誤らせんとする感がある。
 このマヤカシは耐え難い。
 そうすることで快感を得る変態がこの世に存在しているのだろうが、一体どういう魂胆か。

 だが考えてみれば、これは特筆するまでもない、ごくごく当たり前の話かもしれない。
 やはり、「流行」なんてもののほとんどはそういうものだから。
「ベイン」などは例外的な話で、またまた「ベイン」の話で申し訳ないけれども、雀卓を囲んで生まれた言葉だけに、他校の腕自慢と一戦交える度に広まっていったわけだが、普通はメディアが介在せぬ限りそうはいかないだろう。
 のみならず「ベイン」の場合、(返す返すもこの話に執着しているようで気恥ずかしいが、そして白状すると実はこれは造語ではないのだが)、言語としてそもそも優れている。知的でありながら間が抜けていて、かつ諦念を噛み締めるようなところもある。
 これ、実に麗句であります。

 しかしその麗句がのちにどうなったか?。
 いっこも使われてないばかりか、誰も知らんやないか!。
 考案した本人はしばらく踏ん張って使っていたようであるが、死語への趨勢はすでに決していたのである。
 姑息な手段を用いて成り上がった「女子高生言葉」と対照的に、「ベイン」は慎ましく生きて、そして死んだわけだ。
「女子高生の使う言葉は生きた言葉だ」などとは笑わせる。
 
 俺の「ベイン」が死んでいるのに、それらが生きているなんてチャンチャラおかしいのである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
清水キョウイチ郎さんのご冥福を心よりお祈りします。
2006/11/13(月) 10:54:13 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/136-010fbb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。