FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記11/27
●RUBYORLA氏とriow arai氏の公開メールが面白い。
 →http://rubyorla.jugem.cc/
 御自身が書いておられるように、このシリーズは果たしてパブリシティーリリースとしての意義があったのかという問いは残るのでしょう。しかし少なくとも僕は、これがある種のパロディーであったとしても、敢えて言えば、こういうことをやっている人が作る音楽が面白くないわけがないだろうと感じました。「こういうこと」とは、およそ次のような性質です。オッサン二人がメールで延々とコミュニケートしている馬鹿らしさであり、メール内容の馬鹿らしさであり、あるいは内容の真っ当さであり、そしてその真っ当さに対する含羞です。
●少々書くのが遅れましたが、イルリメ、SPDILL、あふりらんぽ、オシリペンペンズ、二階堂和美らのライブテイクが収録されたドキュメントDVD「LOCAL POETS」がリリースされたようです。獰猛な、そして豊穣な“地下室の風景”が連続しています。付言しておけば、地下室は、例えばそれが地上にあるか地下にあるかという建築構造(メジャー/インディー)によって規定されるのでも、それが何処にあるのかという所在地(音楽ジャンル、イベントの方向性など)によって規定されるのでもありません。むしろ、おそらくそれらの条件を無化しようとする奇妙な情熱(無意識であるにせよ)によってのみ炙り出されるような、抽象的な場所だと思います。興味ある方は是非→http://www.de-fragment.com/index.html
●これまた少々遅れましたが、蛭子能収(蛭子さん)が「ハリセンボン近藤春菜似の美人」と結婚されましたね。蛭子さんの、その悪魔的な本性については根本敬の著作に詳しいですが、知らない方のためにポップなエピソードをひとつ。

 蛭子がみうらじゅんの仕事場を訪ねての帰り際、急に何か探し始めた。
「蛭子さんどうしたの?」
とみうらがきくと
「500円玉ば落としたとですよ」
 と必死の形相で床を探している。仕方なくみうらも一緒に探したが 30分探しても見つからない。本当に落としたのかどうかもわからない500円のために30分も、と馬鹿らしくなったみうらが
「蛭子さん、無いみたいだよ」
 と言うと、蛭子はしぶしぶ探すことをやめて、ため息をひとつついたあと、みうらに言った。
「じゃ、いいです。あげます」
ココから転載)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
蛭子さん、無くなった奥さんは鈴木ヒロミツ似でしたよね。
2006/11/27(月) 16:10:57 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/139-b637ff68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。