FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記2/19
●日本アカデミー賞の発表がありまして。僕は映画に対する興味ゼロですので、どうせノミネート作なんて全て観ていないと思ったら、「男たちの大和」があった(笑)。「男たちの大和」だけを観ていた(笑)。それにしても「フラガール」なんてほんとに面白いのかね。どうも困ったことに、受賞作のなかでまだしも観る気がするのは「時をかける少女」だけです。アニメですけど。
●久しぶりにカラオケに行きました。少し前に観たアメトークでガンダム芸人の面々が「哀戦士」(劇場版Ⅱ主題歌)をあまりに気持ち良さそうに歌っていたので、意気込んで歌ってみましたが、歌い終わって凹んでしまった。その後「めぐりあい」(劇場版Ⅲ主題歌)を歌って、やっぱり凹んでしまった。一体、モニターに次々と映し出される名シーンの数々を観ながら呑気に歌など歌っていられる者が、僕の世代の男子にいるでしょうか。背後を取られたガンダムを救おうとコアファイターで特攻、玉砕するリュウ…。こんな場面を見たのち、間髪入れず2コーラス目を歌わねばならない。これは無理ですね。あるいはマチルダの輸送機がドムに叩かれるところ、スレッガーがビグザムに突っ込むところ、このようなものを観て平静でいられるわけがないのである。ことに我々の世代にとっては。ドッジボールでもなんでもよい、“後ろに目がついている”かのような避け方をしたとき、「俺はニュータイプだ」と内心思う奴が腐るほどいた我々のおめでたい世代にとっては。
●これも久々に「報道ステーション」を観たのだが、古館というのは年々痛々しくなってきますね。現地に松坂を追っかけていって中継で喋っているのだが、その問答の噛み合わぬことといったらない。また松坂の横に「報ステ」のコメンテイター栗山英樹(創価大卒)が座っていて、彼とのトークがまた別の意味で聞いていられない。「古館さん、松坂投手はね…」「いやでも栗さん、僕思うんですけどね…」などと、ほとんどの発言にいちいち相手の名前を入れ合うのは、なんのアピールか知らないが胡散臭いばかりです。
●O-CATの西に井岡弘樹のボクシングジムがあり、これは相当繁盛しているとある人に聞きましたが、そこからほんの数百メートル離れたところにこんなボクシングジムがあったんですね。
「POOR BOYS BOXING CLUB」
 なぜこのジム名にしたのか、ぜひ伺いたいです。会長さんはやっぱり、最近の若者のハングリー精神の無さを嘆いておられるのでしょうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
映画といえば、最近Kさんが何を思ったか、頻りに映画鑑賞に出かけておるらしい。
「犬神家の一族」「それでも僕はやってない」「愛の流刑地」「バブルへGO」…。
(適当に書いてるから誤字があるかもしれませんが、それは知らんということで)

Kさんによれば「愛ルケ」が最も面白いらしく、最後の法廷シーンは涙無しには観れぬという。内容が深すぎてR15では足りん、R30だと力説しておられました。
2007/02/19(月) 15:23:32 | URL | aka #-[ 編集]
PBBCは、料金形態は全然プアボーイズ向けじゃないですね。いや、ジムの料金に詳しいわけじゃありませんが、普通でしょう。女性に至っては井岡ジムのほうが安いと思います。

古館さんに限らず、この枠の司会者は痛くなってくるもんじゃないんですかね。筑紫さんがいいポジションにいるからか、よけいそう見える。
2007/02/20(火) 00:50:42 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
>古館さんに限らず、この枠の司会者は痛くなってくるもんじゃないんですかね。筑紫さんがいいポジションにいるからか、よけいそう見える。

そうかなあ。今思えば久米はまだマシやった気がする。古館はそもそも図太さが希薄なので、ええこと言わなあかんというプレッシャーで顔が引きつってる。

ところで古館&筑紫に対する「さん付け」が気にかかるのですが。
2007/02/21(水) 20:00:18 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/164-3320a12c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。