out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記2/26~陰の要素
●それまで腹を出して寝ていたオッサンが、イチローと椎名林檎の対談(「僕たちの音楽2/23」)が始まったと知るや跳ね起きた。なにか嗅覚が働いたのだろう。期待通り、大変面白かった。面白いというのは、語られた内容の奥が深いとか、認識が鋭いという意味ではもちろんありません。両者の本質的な“何か”が図らずも暴かれているという感じがしたということです。早くyoutubeかなにかでUPされないでしょうか。
●KEMURIが解散するらしい。彼らのライブには取材で何回か行った事があります。フロアにこぞった無数の「PMA」Tシャツが蠢動するさまに、その都度僕が何を感じてきたかは今さらここに書きませんが、両義的な意味で非常に真面目なバンドだったのだと思います。お疲れ様でしたと言いたいです。
●休日。自転車の後ろに嫁を乗せ、嘉村さんの「七月二十二日の夜」と青柳瑞穂「ささやかな日本発掘」を探しに図書館へ。「ささやかな日本発掘」という本は、小林秀雄と江藤淳の対談のなかで言及されていたので知ったのですが、実に面白そうです。江藤の発言の一部を引用する。

江藤 あの本の巻頭に、たしか“かけら”という短い文章がありました。何か宋青磁ですか、美術館のある部屋にはいって行くと、いい物の“かけら”ばかり、たくさん並んでいて、それが実に美しかった。一番最後に完全な形のツボがあった。その完ぺきさを見たらいやな感じがして、“かけら”を見ているときのような自由さがなくなり、ふりかえるとやはり“かけら”は醜かった、というような体験が書いてあったと思います。

 僕は言うまでも無く骨董の世界に暗いのですが、リアルな“もの”の手応えがある素晴らしいエピソードだと思います。一読して、感情の動きはアンリアルなほど突飛ですが、こうしたことはあり得るし、事実かつてこれに似た体験を僕もしたことがあるような気がする。江藤の要約からのみ判断するのは乱暴だとしても、こういうことが書かれた本が面白くないわけがないと思います。

「タイトルがまずええよな。大体“日本”なんてものは、御大層に、威張って発掘されるのが通例やないか。それをささやかにやろうというんやから品がある」
 などと嫁に語りながら、図書館の正門に至ってみれば、なんと閉館日であった。
 
 嫁が「買いたいもの」があるというので、心斎橋ロフトへ行った。毎度のことだが「買いたいもの」へは容易に到達せず、店内で迂回に迂回を重ね、道草を食うので、「ナニ中だろうか?、今ナニを探し中だろうか?」と背中越しに嫌味を言い続ける。
 
 どうしても「ささやかな日本発掘」が諦めきれず、ジュンク堂へ。その道すがら、ペットショップがあったので子犬を眺める。「可愛い可愛い」としきりに繰り返すので、「噛んだら痛いけど」「噛まれたら血が出るけど」と負けずに繰り返す。
 
 ジュンク堂に到着し、「ささやかな日本発掘」が講談社文芸文庫で復刊されていることを知るも、それが売り切れであるばかりか、絶版だと聞かされる。
 その後、ゲーム屋へ。別に買いたい物もなかったので、当然のように何も買わずに出る。
 
 ここまで、休日の過ごしぶりとして、なにか大変“流れ”の淀んだ感じを持ったので、気晴らしに甘い物でも食いに行こうや、ということになり、難波ウォークのマンゴー氷屋を訪れるとシャッターが降りていて、現在改装中ということであった。
 
 こうまで店に、あるいは街に拒まれると、なにか面白い、上等やないかという気持ちが湧いてきた。が、さすがに嫁がグズリ始めた。盛んに「おもんないおもんない」と不満をこぼすにとどまらず、「あんたのせいちゃうか?。あんたの陰(いん)の、陰の要素のせいでこうなるんちゃうか?」と馬鹿なことを言う。
「陰の要素とはなんのことやねん!」僕は声を荒げたが、内心少しも怒ってはいなかった。むしろ大いに首肯し、そうや、俺の心の陰の要素、負の念力、NMA(ネガティブ・メンタル・アティチュード)がこの異常事態をもたらしたのだと誇らしく思ったといえば、いささかおこがましいが、こちらは既にそういうくだらぬテンションになっている。

「もう、しゃーない。ビリヤードでもやろや」と嫁が言った。
 嫁としては、せっかく遊びに来たのに、化粧して表に出たのに、何もせぬでは阿呆らしい。せめて“何かした”という手応えがほしいというところだろう。その気持ちは理解できる。僕らは堀江のビリヤード屋に向かった。そのとき16時を少し回っていただろうか。
 大通りに面したマンションの、吹き抜け部分の階段を登っていった2階にビリヤード屋はある。一階から仰ぎ見ると、店内から外に漏れ出るはずの窓明かりが少しもないことに、僕は気付いた。嫁も、もちろん気付いている。まず嫁が恐怖に駆り立てられたように走って階段を登った。沸沸と湧き上がる歪んだ期待感に恍惚とした僕は、嫁の背中を追いながら「まだ開店前かもなぁ」と言った。

「うわっ!」鋭く叫んだのち嫁は立ちすくんだ。「…ない…」
 
 遅れて、ガラス扉越しに店内を覗き見ると、かつてめいめいが重厚な存在感を放っていたビリヤード台が一台もなく、数台のソファーが仰向けにひっくり返って、がらんとした部屋の端に寄せられていた。開店前どころか、もぬけの殻であった。

「ここまでくると、少し怖いね」
 いやはや参りましたとでもいうような白々しい僕のたたずまいを憎々しげに横目で捉えながら、嫁はしかし相当落胆したようであった。
「まあ、そう落ち込むな」僕は微笑んで言った。「こんな体験はそうそう無いで。仮におまえ、本が見つかったとしても、マンゴー食ったとしても、ビリヤードやったとしてもな、ええか悪いかは別として、こんな強烈な感動があるとは思えんで。俺らは今日ヒドイ目に遭うた。しかし他人が遭わんような、どえらいヒドイ目に遭うた。それでええやないか」

 僕の声を、聞くとも聞かぬともつかぬ態度で嫁はぼんやりしていた。そのとき僕の頭に一つの考えが閃いた。
「そうや!、ええ名前のボクシングジムがあるから、その看板見て帰ろうやないか」
 僕は足取りも軽快にペダルを漕いだ。千日前通りから2本ほど南の通りを西に進み、桜川の駅が近くなってきた。しかしどうもおかしい。さて確かこの辺やけど、と独りごちながら当たりをつけていた場所を通ったのだが、不思議なことに店が見当たらないのである。

「あれ?」と思い、次は一度千日前通りに戻り、そこから「弓」の字状に、交差点ごとに道を折れながら南に下っていったが、やはり見当たらない。
 僕はこのジムの看板を見るために、嫁に隠れて三度ほど一人で訪れているのである。三度とも迷ったりしなかった。
「あれ、おかしいな。どこやったかな」僕がそう言って、今しがた通った道を逆からなぞろうとUターンしたとき、見かねた嫁が言った。

「潰れたんちゃう?」

 瞬間、言葉を失った。
 しかしそんなはずはない。ほんの数日前まで確かにPBBCはあったのだ。俺はこの目で見たんや、PBBCを見たんやと嫁を一喝し、最後に「ブログにも書いたのに…」と弱弱しく呟いて、再び「弓」の字状に、今度は北に向かった。
 
 だがジムは影も形も無かった。
 
 この事実は、先刻まで薄笑いを浮かべていた食えない男の心胆を寒からしめるに充分であった。ジムの消滅は、僕にとっては氷屋の改装やビリヤード屋の夜逃げなどとは比べものにならないほどありえない現象だった。ついこのあいだ僕は来ているのだし、公式サイトで見た、練習生やインストラクター達の健康的な笑顔は、沈みかかった船に乗り合わせた者の表情ではないと思われたから。
 
 しかし、現実にジムは無いのである。
 もうこれは、単なる偶然だとか運が悪いなどといって済ませられる問題ではないと思った。何かまがまがしい力が働いているとしか思えない。その力が僕の陰の要素とやらによるものかどうかは知る由もないが、もしそうだとしたら、これはあまりにも強力で、しかも不吉なものだ。不沈艦を撃沈せしめるほどの力であるから、もうほとんど魔族の所業である。僕はパニックに陥り、泣きそうであった。

 その後十数分、血眼になって、ネズミのように同じコースをぐるぐると周回し、それでもやはりジムは無く、すっかり慌てふためいてしまって、もう駄目だ、これは嫁の言うのが正しい、ジムは潰れて忽然と消え失せた、俺が消した、俺という悪魔の仕業だと観念して漕ぐのを止めたとき、嫁がいかにも呆れ果てた感じの口調で言った。

「あるやん、そこに」

 嫁の目線の先には、確かに見覚えのある黄色の看板があり、僕は「あッ、あッ」と短い声を発して、すがり付くような思いでジムに近寄り、真下から看板を見上げた。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
結局、「弓」の字の軌跡から、ほんの少し東に逸れたところにそれはありました。
2007/02/26(月) 18:24:24 | URL | aka #-[ 編集]
なるほど、KEMURIの解散なんて何の思い入れもないやろうに・・・と思っていたら、ここに繋げる前フリやったわけですね。PBBCは、「なくなってたらおもろい」という心の奥底の気持ちが、無意識にハンドルを切らせたんじゃないですか。
2007/02/27(火) 09:57:17 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
>KEMURIの解散なんて何の思い入れもない

なにを言っていますか。僕なんか相当思い入れのあるほうだと思いますよ。「ファン以外」の人のなかでは。若干のトラブルもありましたし。

>「なくなってたらおもろい」という心の奥底の気持ちが、無意識にハンドルを切らせた。

後から考えればそうかもしれませんが、そのときはほんまにビビリました。狼狽、狼狽、でしたね。

そういえば、こちらも若干トラブルがあったKURURI(あえてローマ字表記で)からギターが脱退したみたいですね。


2007/03/01(木) 10:04:42 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/165-ae67f4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。