FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記3/5
「村八分」
 怖いですね。
 こういう話のアナクロニズムを笑うのは簡単ですが、僕らのいる「現代」とやらだって、この村と地続きやないかという気がどうしてもする。
 イジメ問題などを挙げるまでもなく、です。
 昔、某社会学者が、若者が家族や地域コミュニティーから離れ、ストリートやクラブといった場所、彼の言葉で言うなら「第四空間」に流出するという話を、(それが戦略であったにせよ)素朴と思えるほど肯定的に語っていた時期がありますが、そのようないかにも「現代的な」コミュニティーにすら上のような話は当然ありうるし、さらに言うならば、いかにも「現代的な」コミュニティーだからこそ、それがより醜悪に映るということもあったかと思います。ああ嫌だ嫌だ。
●いよいよ、といってはなんだが、うちのゴルフ屋が3月末日をもって閉店することになった。「ゴルフ狂の時代が、僕のなかで幕を下ろそうとしている」と書いてから1年あまりだが、この時間の経過は早すぎもしなければ遅すぎもしない。したがってほとんど感慨は無い。単に、今の事態に対応せんとする気持ちがあるだけだ。事実として現在店では粛々と閉店セールをやっているし、それでまったく構いはしないと思う。ゴルフに狂った皆さんともこれでお別れかと思うと、寂寞の情がないでもないが、しかし私の惜別表現はきっと「書く」という以外の形をとらないだろう。つまり今まであまりのしょーもなさに書くことを躊躇っていた小ネタのいくつかを「在庫一掃」とばかりに披露することになる。だが、例の事件については…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「私は何があっても、森とは妥協できません。卑しい心の森には、私のすべての作品を歌うことは禁止するとの申告をジャスラックに届けてあります」
別に深い意味はないが、川内康範先生の発言より。だんだん「森」という固有名詞そのものに妙な魅力を感じてきた…。
2007/03/05(月) 12:11:54 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/166-9444ae1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。