out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ところで
「『穴』にまつわる三章~その2」、といきたいところですが、
 この記事と↓

*************************
新日本キックボクシング協会の伊原信一代表は22日、新日本キック・市原ジムに住み込みで練習している元俳優の清水健太郎さん(54)について「試合?やらせたいね。頑張ってるし」と話した。現時点で具体的な予定はないが、将来、再起の舞台を用意する意向があることを示唆した。大麻と覚せい剤で4度の逮捕歴がある清水さんだが、8日の新日本キック市原大会ではリング上で熱唱し、元気な姿を披露した。
[デイリースポーツ]
*************************

 この記事は↓

*************************
芸能活動自粛中の清水健太郎(54)が格闘家デビューすることが、本紙(東スポ)の取材で明らかになった。 しかも清水は、そのデビュー戦の相手に“芸能界ケンカ最強説”が唱えられている押尾学(28)を指名した。

「アイツには矢田亜希子ちゃんみたいなかわいい嫁さんがいるのに、さらにOLと不倫して、女子大生と 合コンしてお持ち帰りだって!許せん。オレなんて離婚され、覚せい剤で逮捕され・・・散々だ。超マイナス男だ。 せめて押尾クンに勝てたら、マイナスじゃなく、プラスマイナス0から人生をやり直せるんじゃないかと思えるんです。 だから、勝負してくれ、押尾クン!」
清水がほえた。清水が押尾を指名するのには、他にも理由がある。

押尾は芸能界でも1,2を争うほどケンカが強いという噂があるからだ。しかも押尾には芸能界入りする前、 暴走族のリーダーで、毎日米兵相手にケンカをしていたという伝説がある。
業界関係者は「17歳で100人の暴走族のヘッドになった。同時にロックバンドを組んで、毎日米軍基地で ライブして、米兵相手にケンカを繰り返していたというんです」と解説する。

押尾本人も「オレが中1の時、高3のヤツが20人にボコられた。さすがに勝てるわけないじゃん。でも、1人ひとりに 復讐して、最後は20人の頭のヤツが『カンベンしてください』って謝ってきたよ」と明かしている。なぜ、ここまで強いのか。4歳から12歳までをアメリカで過ごしたが、この時にキックボクシングを習いはじめ、 今でも継続している。自分で「キックボクシングの達人」と言っているほどだ。

体格も魅力だ。身長184センチ、体重80キロという格闘家並みのボディー。しかも清水の約半分の年齢と若い。
すでに50代半ばの清水に勝ち目はあるのか?
「勝った負けたより、トレーニングの過程こそが大切です。そして、たとえ絶対に勝てない相手でも、試合に出る 勇気こそが格闘技なんです。そのためには、普段、どれだけ自分を殺して、練習するかにかかっています。 だから、もうバカなことは二度とやりません」と清水は控えめ。しかし、そんな口ぶりとは裏腹に、勝算はあるという。
[東京スポーツ 4月21日]
*************************

 本当なのだろうか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>リング上で熱唱し、元気な姿を披露した。

なにを歌ったのか?、映像はないのだろうか?
2007/04/29(日) 00:13:22 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/183-4e0f6e51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
押尾学押尾 学(おしお まなぶ、本名同じ、1978年5月6日 - )は、日本の歌手、ミュージシャン(バンドマン)、俳優。ロックバンド「LIV」(リヴ)のボーカル兼リーダー。東京都出身。血液型A型。4歳から12歳までアメリカ合衆国のオレンジ郡 (カリフォルニ
2007/07/11(水) 07:20:11 | ゆうかのブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。