FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんでこんなことに…
 会津若松の母親殺人事件。大変いたましく、又不可解な事件ですが、各局各番組ではまたぞろ犯罪心理学者なる人々が、大変少ない情報、しかもそのほとんどが警察発表であろう情報を頼りに、17歳の少年の「心の闇」を解明するのに躍起になっておるようです。

「ザ・ワイド」もそうした内容を目論んだようなのですが、出てきた犯罪心理学者、正確には臨床心理士らしいのですが、この人物の姿におそらく視聴者全員が、もしかすると草野はじめ出演者全員が度肝を抜かれたに違いない。

 何故だか分からないが、誰かにボッコボコに殴られたかの如く顔面を負傷している。(クリックしてご覧ください)

07-05-16_14-36.jpg


 頭部の不自然さもさることながら(しかし、それは本来『さることながら』などとは言えないはずなのだ)、なぜこんな無残な姿になったのだろうか。

某巨大掲示板では「オヤジ狩りに合った」「刀で斜めに斬られた」「反ヅラ組織との抗争」、あるいはまた「頭部に視線を集めないためのカムフラージュ」などいった憶測が飛び交っているようです。

 西武文理大学講師、矢幡洋さん、一体どうされたのでしょうか?。とても心配です。(クリックしてご覧ください)

07-05-16_14-40.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さらに言えば、先生の「喋り出し」のとき、マイクトラブルで音声を拾われないという不運が。
泣き面にハチとはこのことです。
2007/05/16(水) 22:52:09 | URL | aka #-[ 編集]
完全に袈裟掛けに斬られてますねコレ。頭部の不自然さが「さることになる」ほどのインパクトです。

また、たまたまですが僕は彼の「マゾヒスティックな人格」という本を読んだ事があります。たしか、カルロス・ゴーンをマゾの勝ち組と位置づけた内容だったと思いますが、"ヅラ"に"袈裟掛け刀傷"に"マイクトラブル"三重苦では被虐嗜好にもほどがあります。
2007/05/17(木) 01:51:09 | URL | spdmtr. #-[ 編集]
バンドエイドを貼ってもいい場所といけない場所があるとすれば、鼻の下は確実に後者ですね。髭剃るときどうしてるんでしょうか。あ、カミソリ負けじゃないですか・・・。そう言えば一昔前に、鼻の頭に絆創膏というかテーピングを貼るのが流行りましたが(Kjとかがやってたやつです)、TOKION最新号の表紙で藤原ヒロシがやってました。
2007/05/17(木) 23:16:28 | URL | #-[ 編集]
すいません、上の書き込みは「宇宙の羊」でした。
2007/05/17(木) 23:17:13 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
>spdmtr.さん

左眉→鼻頭→鼻と口の間(やや右)→右アゴと傷がきっちりラインに乗っていますので、まず正面から、大上段に振りかぶった刀を袈裟掛けに振り下ろしたと見るべきでしょうね。しかしなぜこの平成の時代にそんな目に遭ったか?。真相は依然藪の中ですが、ただ一人真相を知る者がいるとすれば、そのとき同席していた有田芳生しかいないでしょう。彼の性格からすればスタジオの端や局の廊下等でいきさつを聞いていないわけがありませんから。

>宇宙の羊さん

ごらんのように鼻の頭や眉も負傷しているわけで、そちらに貼っていないのに、あの位置には貼っている。鼻の下とアゴが特に酷い傷だったのでしょうか?。
>鼻の下は確実に後者ですね
同感ですが、矢幡先生に限っていうなら一概にそうは言えないという気がします。なんというか、スゴ味があるから。
ヒロシはすごいですね。ヒロシ43歳、まだまだヤンチャ!、というところでしょうか。僕が言うことでもないでしょうが、もう一度代弁するとヒロシ43歳(後厄)、まだまだヤンチャ!、というところでしょうか。
2007/05/19(土) 00:04:32 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/188-2cef587f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。