FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記5/31
●最近「スウィングガールズ」「リンダリンダ」「ロボコン」「俳句甲子園 恋は五・七・五」といった一連の青春モノ(?)を借りてきて観た。以前にも書いたが、僕は誇張でも謙遜でもなく「映画をまったく知らない」ので、現在の邦画の水準が奈辺にあるかを見極めようとする気持ちなんてカケラもない。単に観た。単に観て、少々泣いただけである。しかし、なにか課外活動に打ち込む高校生の姿を描きました、というような作品が数年前立て続けに発表されたらしいということは分かった。そういうことはどこの世界でもありそうな話だし、僕がいちいち文句をいう筋合いでもないだろうが、なんていいましょうか、こういう事態を以て「活況」とするのであれば御同慶にたえぬ話です。ところで「スイングガールズ」と「俳句甲子園 恋は五・七・五」(そもそも、これはどういうタイトルだろうか)のDVDのジャケはなぜこんなに似ているのでしょうか。

517VNAFVZPL._AA240_[1].jpg

「スイングガールズ」

TBD-1115[1].jpg

「俳句甲子園 恋は五・七・五」

●社保庁改革関連法案。今日、本会議で採決されるようですね。しかし、あの厚生労働委員会での強制採決は何だったのだろう。採決をはかろうとする桜田委員長を阻止しようと「口を塞ぐ」という作戦にでた野党。口を塞ぐ。なんとアナログな作戦だろう。人力モザイク。しかしやられた方にしてみれば、この鬱陶しさはただ事ではない。喋ろうとすれば何本もの手がニュッと伸びてくる。払ってもまた伸びてくる。ドツかれるとか突き飛ばされたほうがまだマシかもしれない。とにかくこの鬱陶しさはたまらないだろう。

20070526k0000m010044000p_size6[1].jpg
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
識者のみなさんが異口同音に良い良いと言っていた「ユリイカ」なる作品は、結局かりたものの観ずじまい。
2007/05/31(木) 00:28:30 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/192-56bfe8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。