FC2ブログ
out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紙資料について~その2
 以前「紙資料」というもののつまらなさについて書いたことがあるが、珠玉の瓦礫にあるが如しで、こういう優れた例もあるということをここに報告しておこう。
 
 あるアーティストプロフィールの、その冒頭の数行を以下に引用する。

**************************

○○○○○の出身地は青森に出るのも3時間かかる下北半島。
そこから歌を歌う為だけに東京を目指すパワーは計り知れない。
実家は旅館。しかも長男。
後を継いで当然の環境の中で、親を説得し歌を志す芯の通った男である。


**************************

 一体誰が書いたのか?。
 音楽ライターが書いたとは思えない。もしそうなら、おそらく悪い意味でもっと“音楽的”に書くだろうし、それにこのなんというか、仲人が新郎を紹介するが如き、親しみのある、かつ無骨なニュアンスは生じえない。対象を頼もしげに、目を細めて見つめているような“身内の視線”でなければ、このような文章は書くことができないはずだ。だとすればメーカーの人間?。○ロンビア○ュージック○ンターテイメントさんにかかる麗文の書き手が潜んでいたとしたら驚きであるが。

 簡潔にして野性味溢るる名文。そして忘れてならないのは、これが実に絶妙なバランスの上に成り立っているということだ。疑うなら、試みに結語を丁寧体へ変えてみればよい。「芯の通った男です」「芯の通った男であります」。たったそれだけのことで、もう台無しである。書き手の鼻持ちならないニヤけ顔がバレてしまう。

 実家の家業や続柄を開けっぴろげに述べ(この時点でアーティストのプロフィールとしてはラディカルである)、ともすれば「他に書くことないんか?」あるいは「『パワーは計り知れない』どころか、そんなのよーある話ちゃうのか?」といった邪推を引き起こしかねない微妙な事案を、「芯の通った男である」と強引にねじ伏せる筆力、腕力は如何ばかりか。それこそ計り知れないパワーである。

 それにしても「芯の通った男である」とはふるっている。男なら誰でもそう言われたいし、またそんな男に会いたいものだ。事実僕もそう感じて、胸躍らせて取材に向かったのである。「芯の通った男である」。あーたまらん。何度でも書きたい。「芯の通った男である」。「親を説得し歌を志す芯の通った男である」。あー素晴らしい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「親を説得し」ってとこが特にたまらん。
「紙資料award’07」の大賞はこれで決まりですね。
2007/11/29(木) 16:49:49 | URL | aka #-[ 編集]
通る芯
○ロンビアという社風から、かつて演歌歌手のプロモートで名を馳せたSPの人間でもいるのでしょうか。

芯・・・。

『青森に出るのも3時間かかる』という、なんともお仕着せがましいフレーズもたまらん。

紙資料で「アーティスト」が「長男かどうか」に言及したのは、ひょっとしたら史上初なのではないでしょうか。
2007/11/30(金) 02:45:36 | URL | spdmtr. #-[ 編集]
>実家は旅館。しかも長男。

旅館という家業は、
跡を継がなあかんやろな~・・・と
思わせる職種ではかなり上位ですよね。
しかも、調べたところ、温泉のメッカでした。
(かの恐山温泉も下北半島)
温泉旅館ですね、きっと。
2007/12/01(土) 02:55:17 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
spdmtr.さん
>なんともお仕着せがましいフレーズも~

事実を書いてるだけなんですけどね(笑)。でも第三者が読めば「そんなん知らんがな」という事実ばっかりですからね。

>紙資料で「アーティスト」が「長男かどうか」に言及したのは~

僕も今まで見たことがありません。「芯の通った男」というフィナーレにもっていくために避けては通れぬ道だったのかもしれませんが、これはスゴイことです。書いた人はマジで賞賛に値すると思います。

宇宙の羊さん

>旅館という家業は、跡を継がな~

おっしゃるとおりですね。
それに過疎なり若者の都市流失なりが深刻化している(かもしれない)本州最北の街ですからね。

しかも長男!

このフレーズもいいですね~。押韻が効いていてズッシリきますね。責任重大です。
「しかも長男」というタイトルで曲作ってくれへんかなあ。俺、作詞するけどな。

***************

 さて、この場を借りて皆さんに伝えたいことがあります。
 当ブログをずっと読んでくれている皆さんならピンとくるでしょうが、そもそも僕は「青森」「旅館」と聞けば何か妙な胸騒ぎが…、いやもうはっきり言ってしまおう、本稿執筆中ずっと「羽柴」というワードが喉元まで出かかっていたわけです。それをこらえたのは、論点の拡散が嫌だったからですが、数日前からWikipediaに奇妙な一文が加筆されています。以下に引用。

同年12月には、2008年1月27日投票の大阪府知事選に無所属で立候補するとの意向が報道された。「いつでも最終目標は大阪城奪還(大阪府知事就任)と言ってきた。まさに出陣の時。大阪から日本を救っていきたい」と語った。

デマであってほしいのですが…。

2007/12/05(水) 13:27:10 | URL | aka #-[ 編集]
・・・。
盛り上がってしまってますよ。馬50頭・・・。
>ttp://www.sponichi.co.jp/society/news/2007/12/04/05.html
2007/12/07(金) 01:49:02 | URL | spdmtr. #-[ 編集]
>spdmtr.さん

それにしても彼のサイトは更新の気配すらありませんね。ぷっつりとありませんよ。

気(き)を消しているのか、ただの野放図か。いずれにせよ憎たらしいったらない。

自民、民主、共産。各党候補を立て、そしてあとは羽柴秀吉氏が出ると、どこの局もそう言っています。

しかしずっと「道民よ、怒れ」のまま。
静かなること林の如く
動かざること山の如し。

腹立つ。とにかく腹立つ。なんもせんとは何事だろう。
2007/12/18(火) 01:26:23 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/209-414300ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。