out-of-humor2
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記1/30
●wiiのバーチャルコンソールで「リンクの冒険」と「パルテナの鏡」をやっている。が、パルテナはこんなに難しかったか?、と驚く。ニュータイプでもなければ敵を避けきれん。俺はこんなのをやっていたのか。
●センバツ高校野球の出場校が決まった。そうか決まったか。うーむ、はいはい、なるほど、そういう選考か、と妙なシタリ顔で頷く。そして、腕がなるわ、腕が、と嫁の顔を覗き込む。「読み切るで。読みきってみせるで」「何を」「番狂わせをや!」
●大阪府知事選は番狂わせなど起ころうはずもなく、順当な結果。羽柴なき冬の陣。羽柴は(またその話かと思うなかれ)、夕張に発足した後援会「秀吉会」の要請に応えて出馬しなかったという。それが本当なら、彼は二度と大阪から出馬はできまい。「ナニワのことは夢のまた夢」とは秀吉(本物)辞世の句だが、その通りになってしまった。大阪に限った話ではない。東京だろうが長野だろうが、出ようと腰を上げれば袴の裾を引っ張られ、あんた、ここにおったらよろしやんと言われる。せっかく作った後援会をどないしてくれるんや、と。
●曰く「いつでも最終目標は大阪城奪還」、曰く「青森の大バカ者で終わるか、それとも天下を取るか」。こんな男の言葉じりをとらえるのは馬鹿げたことに違いない。しかし、今回の大阪府知事選に出るかどうかは、彼のアイデンティティーに関わる問題だった。夕張にとどまり続けるなら、彼の言葉で言えば、それは「夕張の大バカ者で終わる」ということを意味する。羽柴秀吉を名乗る必要は少しもない。ただの成金のオッサンで足りる。
●つまり今回の不出馬によって彼は「羽柴秀吉」の看板を下ろしたに等しい。オモロがって彼を取り上げていたスポーツ新聞をはじめとする各媒体が、このことをなぜ徹底的に追及しないかが疑問である。1999年以来幾度となく世間を騒がせた秀吉の生まれ変わりは、今年ついに兜を脱ぎ、鎧を外して、いそいそと押入れに仕舞いこんだ。
●僕はそのことを寂しがっていないし悲しがってもいない。ただ、ほとほと呆れ果てているだけである。しかし、いやにサッパリとした茶髪の風雲児が満面の笑みで語るのを観て、遠く北の地で羽柴は、あの苦味走った顔で何を思っているだろう。だが出陣の機会はこの先まずないはずだ。唯一考えられるのは、大阪府が財政再建団体にでもなれば「大阪の困っている人達を救うのは私の…」などと嘯いてまたぞろ出張ってくるだろうが、言うまでもなくそんなことは誰も望んでいない
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
年末に観た元X-JAPAN、Toshi氏のライブが忘れられない。始まった瞬間、これは一言一句聴き逃してはならないという緊張が体に走った。こういうことは久しぶりである。上の雑記に書こうと思ったが、話が大きすぎる。いずれ。
2008/01/30(水) 14:17:10 | URL | aka #-[ 編集]
選挙直前に大阪帰省したら、ちょうど橋下がなんばでスピーチしてて黒山の人だかりでした。東京にいると、橋下以外の出馬者が全然見えてきませんでしたが、大阪はそうでもなかったんですかね。それよりToshiのライブが気になります(そんなのがあったのも知らない)。ソロですか?
2008/01/31(木) 10:48:23 | URL | 宇宙の羊 #-[ 編集]
まず言えるのは、僕は羽柴不出馬のショックが大きすぎました。気持ちの整理がつかず、公示されてからも、なぜ羽柴は出ないのかと僕は考え続けた。出ない理由が僕には納得いかなかった。後援会の要請である、と。しかしなぜその言うとおりにせなあかんのか。

そんなわけで僕は大阪にいながら、橋下はおろか「羽柴以外の出馬者」全員が見えてこない精神状態にありました。

で、Toshiさんですが、Toshiさんは2001年より全国の老人ホーム、児童施設、少年院、刑務所など8000箇所以上の施設を訪れ、「癒しの歌」を届ける活動をされています。おそらくその一環でしょう。僕が行ってる学校にフラリとやってきて、コンサートを開いてくださいました。
2008/02/04(月) 17:42:01 | URL | aka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://outofhumor.blog49.fc2.com/tb.php/211-54013aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。